ケノンを使える年齢は何歳から?

ケノンはカートリッジの寿命がとても長いです。
ケノンを1台買えばカートリッジ追加購入が必要になりますが、基本的には家族みんなで使用できます。

最近の子供は男女ともとても美意識が高いです。
子供の頃からムダ毛の処理をしてあげるということも増えてきています。

子供が一人で脱毛できることがないようにケノンで脱毛するのがおすすめです。
ケノンで脱毛できる子供の年齢、子供がケノンを使用する時の注意点についてご紹介します。
家族全員でケノンを使用してムダ毛がなくなっていれば嬉しいと思います。

小学生がケノンを使えるの?

小学生などがケノンを使っても問題はないのか気になりますよね。
今や小学生などもムダ毛を気にする子供は増えているのですが、幼稚園の頃から脱毛サロンで脱毛を受けるということもあるようです。

幼稚園生になると産毛が濃いですし、気にする子が多いようです。
しっかり生えた毛とは違って産毛とはいえ濃いものです。
さらに量が増えれば悩みの種になってしまうでしょう。

基本的に脱毛には年齢制限はありません。
女の子の場合には7歳をすぎたことでホルモンバランスが安定します。
発毛の周期も安定しますので、脱毛をしても効果があります。
ケノンを使用することができます。

つまり、小学校に入学する頃からケノンを使用して脱毛ができるのです。
ただ、子供にケノンを使う時には注意しなければならなこともあります。

いくら脱毛に年齢制限がないとはいっても、成人している人と子供ではお肌の質が全く違ってきます。
そのため、大人と同じような出力レベルで照射をしてはいけません。

それから、施術前と施術後のケアをしていなければ火傷をしてしまったり、色素沈着を起こして黒ずむようになりますので注意してください。

まず、ケノンで照射する前には脱毛をする部分をしっかりと冷やしてください。
強い光からお肌を守って痛みを軽減する効果があります。
ケノンは照射レベルが選択できるので、低いレベル1からはじめるようにしてください。

子供の肌は敏感で繊細です。
脱毛効果を少しでも高めたいからといきなり高い出力で照射してしまうと火傷をする可能性が高くなります。

一度このような脱毛で痛みや熱さを感じてしまうとトラウマになってその後脱毛をするのが嫌だと思ってしまうかも知れませんので、無理はしないようにしてください。

子供の敏感な肌に脱毛クリームを使って脱毛をしていたり、カミソリを使用したりするのはよくありません。
小さいうちから間違った処理をしていると肌荒れがひどくなりますので、脱毛器で脱毛をしてみてはどうでしょうか。

脱毛器ちゃんという脱毛器の人気ランキングサイトは姉妹サイトです。

コメント