ケノン、この点には注意して使おう!

ケノンでトラブルが起きる理由とは‥

脱毛アイテムランキングでトップになることも多い、自家用光脱毛器ケノン。
自分の好きな時に、好きなように使えるという点でオススメですが、使い方を間違うとトラブルにつながることも。
ではどんなときにトラブルが起きるのか、原因を見てみましょう。

ほくろは避けるべし

ケノンは黒い色素に反応する光を当て、毛根付近の細胞を破壊、脱毛するという仕組み。
黒い部分に対しては、文字通り「破壊的」な威力を発揮します。
そのため黒の固まりであるほくろも狙い撃ち。やけどをする可能性もあります。

実際、ほくろに照射すると赤みが出たりすることもあるよう。また刺激を与えるせいか、ほくろが黒ずむケースもあります。

使用するときは、ほくろを隠すのがオススメ。
ばんそうこうやシールでも良いですが、コンシーラやファンデを塗って隠しておくのも効果的。
また機械が当たる部分を傾ける方法を取る人もいるようですが、明らかに目立つ黒さの場合は、隠す方が無難。

ほくろが肌トラブルを起こすと、他の部分の脱毛ができてもよけいにほくろ部分だけが目立つことに。これでは「綺麗な肌づくり」から遠のいてしまいます。

では薄いほくろやシミはどうなのか?というと、これも気になるようなら隠しておく方がよいでしょう。脱毛=目指せ美肌つくりですから、トラブルが起きるかも?と思うことは避ける方が無難。

ただし、シミについては「美顔カートリッジ」を使えば薄くなります。
美顔カートリッジは、脱毛と同じ光を使って肌のターンオーバーを促すもの。
肌表面にメラニン色素が沈着した状態であるシミも、新しい皮膚となり消えやすくなるのです。

では、ほくろも消えるのかというと、それは期待しない方が良さそう。
ほくろもメラニン色素の固まりですが、ほくろはメラニン色素を作る元であるメラノサイトも一緒に増殖した状態。
シミとは構造自体が違うため、美顔カートリッジを使う際も、ふたをしておく方が無難。

その代わり、きちんとふたをすれば神経質になることもありません。

毎日照射するとどうなる?

ケノンの使い方で大事なことは「使用頻度」を守ること。
基本的にケノン1発で照射した部分の毛根は傷み、毛が抜ける状態になります。

その部分にまた照射をしても肌を傷めるだけ。
さらに無駄にカートリッジを消費することになります。いろんな意味でタダの無駄。

基本は2週間に1度の使用です。では2週間という数字がどこから来るのかというと「毛が生える周期」です。髪も同じですが、毛は休止期、退行期、成長期の3パターンに分かれます。

成長期が表に毛が出ている状態。そして退行期は成長期の終わりかけ。引っ張るとすぐ毛が抜けることも多いです。
休止期は毛穴の中で次の毛を生やすために準備している状態。

この中でケノンが反応するのは、成長期の毛だけ。毛が表に出てくれないと脱毛しようがないのです。表面に毛が出ない毛穴に向かっていくらケノンを当ててもただの無駄。そのため2週間に1度の照射が適当なのです。

ただし例外があります。それは「剛毛」。
ケノン公式サイトにも「1回目の照射後、チクチクしてきた場合に当てても良い」という表記があります。
またヒゲも「週1可」としてあります。剛毛の場合、1回照射してもしぶとく毛根が生き残る可能性が高いということでしょう。
この場合は、間隔を詰めて打ちまくる方が効果的。

とはいえ、剛毛対策は「自己責任」。ケノン公式サイトにも「ご自身の責任」
という表記あり。

脇やヒゲは高めのレベルで打ってみて、肌に何の異常も起きない場合は、気になったときに打つと良いでしょう。
肌が乾燥したら、肌異常のサイン。毛根攻撃は後回しにした方が良さそうです。

ちなみに美顔カートリッジは肌へのターンオーバーを促すものですが、これも週1を超えると、ただの刺激になります。
また美顔カートリッジと脱毛カートリッジを同時に使うのもNG.
毛抜きに熱中して、肌を傷めることがないよう注意しましょう。

ケノンに副作用はあるのか?

ではケノンに副作用はないのでしょうか。
口コミを見ると「肌に赤みが出る」ほか、湿疹などのケースがあります。

肌の赤みも湿疹も乾燥が原因と考えられます。
湿疹ができる理由は、いろいろありますが、肌の内部の水分量が低下すると、バリア機能が低下します。
肌内部の水分に肌を守る働きがあるからです。

バリア機能が低下すると、そこから雑菌が入りやすくなる、そして炎症も起きやすくなります。何らかの理由で皮膚の上に炎症が起きた状態が「湿疹」。
湿疹や赤みは「今、肌は健康ではありません」というサイン。
無理に毛を抜くとよけいに肌を傷めてしまいます。

ケノンを使って肌に赤みや湿疹が出る原因は
・レベルの高い照射をした
・使用前後に肌を保冷していない、普段保湿をしていない
ことが考えられます。

また残念ながら脱毛に向かないほどの「乾燥肌」というケースもあります。
そしてケノンは、セルフケアマシン。滅菌処理をするわけではないので、肌が傷んでいるときはケノンに付いている菌で、湿疹ができやすくなります。

ケノンなどモノに日常的についている菌は、普通の肌なら問題なし。
とにかく肌コンディションを健康に保つこと。
セルフの場合は、サロンなどと違って「今日はやめましょう」などの判断をしてくれる人がいません。
使用には、体調管理を含めた自己管理をきちんとすることが、何より大事なのです。

コメント