ケノンの効果的に使う方法

脱毛前にこれはやっておこう

自家用脱毛器ケノン、手に入れた時からむだ毛抜き放題!

‥となるわけではありません。

安全かつ効果的に脱毛を行うには、下準備がとっても大事!!

まずケノンを使うには、カミソリ、電動シェーバーなどで毛を剃っておくことが必要。
なぜかというと、ケノンは光脱毛器、脱毛に使う光は黒い色素に反応して、毛根を殺す仕組みです。
したがって「黒をはっきり」させなくてはいけません。
毛を剃っておくことで、黒が目立ちやすく効果的に脱毛できます。また逆に毛が伸びていると、脱毛しづらいだけでなく、その毛が焦げてしまうことも。

脱毛前の毛の処理は、肌に負担をかけないためにも、1日前にはしておくことが大事。1日経って1㎜程度毛が伸びた程度の毛に、ケノンは効果的に反応するようです。

また照射前の冷却も大事、肌を冷やすことで光を当てる熱や乾燥から肌を守ることができます。

ケノンには保冷剤が付いていますが、やや小ぶり。
そのため、広範囲を脱毛する人の中には「光脱毛器専用クールジェル」を買うケースもあるよう。
ミュゼなどサロンでは脱毛のときに、ジェルを塗りますが、保冷剤と同じ意味合いです。

まず保冷剤を使ってみて、やや物足りないと感じた時には、こういったジェルを購入するのがお勧めです。
ジェルを塗ることで、脱毛箇所をマーキングできるメリットもあります。

同じ場所に重ねて照射すると肌が傷むため、何か目印をつけておくとよいでしょう。
黒ペンを使うと、機械が反応してしまうため、やめましょう。同じ理由でほくろなど肌の黒い部分は紙などで覆っておきましょう。

ケノンの効果について詳しい内容はこちら

どの程度、照射すればよい?

ケノンは使ってすぐに毛が綺麗に取れる機械ではありません。
毛根近くの細胞を破壊してから毛が抜けるまでのタイムラグがあるんです。
多くの場合、数日たってから毛が抜けてくるよう。1週間程度は抜けるようですね。

また毛には生え代わりの周期があります。今肌に出ている毛は体毛全体の一部。
今見えている毛をとっても、また別の毛穴から毛が生えてきます。
そういったことを考慮すると「2週間に1度の使用」がベスト。

これ以上間を詰めても肌を傷めるだけなので、やめておきましょう。
逆に間をおくのはOK.無理に2週間に1度使うこともありません。
光脱毛器で永久脱毛はできませんが、1度毛根にダメージを与えると、その場所の毛穴はかなり傷むことになります。
焦らず気長に使うのが効果的に脱毛を行うコツ。

気になる照射の強さですが、かなり個人差があります。まず弱めから行うのが賢明。例えばすねなら1か所やって弱かった場合、次の箇所には強めに当てて、比較すると良いですね。目安は痛み「チクッ」とする程度がベター。

ケノン最強のストロングカートリッジを使うには?
ケノンは照射の強さを調節できるのがウリですが、照射に使うカートリッジも種類があります。
サロン「ミュゼ」並の強さと言われるのが「ストロングカートリッジ」。
初期設定に付いているプレミアムよりは、かなりパワーが強いカートリッジです。

本体を購入すればついて来ますが「レビューを書いたあとで」という条件付き。
さらに、レビューを書き入手してもすぐには使えません。
ストロングカートリッジはロックがかかっており、メーカーに同意書を提出しないと解除できないのです。

方法は簡単、ストロングカートリッジが送られてきたら、まずそこに書かれているサイト(ケノン公式サイト、ユーザーサポート)にアクセス。
バージョンをチェックしたあと、メールアドレス、製造番号(シリアルナンバー)を入力。

するとロックを解除するパスワードが送られてきます。
ケノン本体に、文字入力をする場所があるので、そこにパスワードを入力、解除すれば使用可能。

このように面倒な仕組みになっているのは安全面への配慮から。
同じ理由で、実はケノンのカートリッジは本体購入者にしか購入が許されていません。
中古を買うと、カートリッジを買い足せないのです。
長く、効果的に使うには自分で購入、もしくはシェアするのが1番ですね。

脱毛後はこんなことに気を付けよう

ケノンは使いっぱなしにしてはいけません。
家庭用に限らず、ミュゼなどのサロンでも同じことですが、脱毛をしたあとは、肌をしっかり保湿することが大事。

そして日頃から肌を保湿する習慣をつけること。
また日焼けをするなど肌を傷めたり、乾燥させる行動はしないようにしましょう。
外出時には必ず日焼け止めを使うこと。日焼け止めも肌に負担がかからないものが望ましいですね。

肌は1度傷めると修復に時間がかかります。また乾燥肌は毛がスムーズに伸びにくい。そのため脱毛のペース自体が遅くなる可能性大。
肌の保湿をしっかり行い、ケノンに負けず効果を出す肌を維持しておきましょう。

また外のケアだけでなく、栄養や睡眠をしっかり取るなど内側からのケアも大事。
脱毛を行うと、肌がむき出しになる分、綺麗さ汚さがはっきりしてしまいます。
肌のコンディションが悪いと、毛が抜けない、抜けても跡が汚いということに。
まず綺麗な肌作りの基礎、保湿をしっかり行いましょう。

ケノンの効果について詳しい内容はこちら

コメント