ケノンを公式よりもわかりやすく!正しい使い方と効果は?

家庭用脱毛器のケノンってどんな脱毛器?

家庭用脱毛器とは?

脱毛せずにスベスベつるつるなお肌にしたい場合、剃ることが1番早いですよね?でも、カミソリだと剃り跡が残る。また、市販の脱毛の液体を塗ったら肌があれる。ワックスを使えば変に跡は残らなくていいかも。でも、どっちにしてもすぐ次の毛が生えてくる。永久脱毛なんかもよく広告でみるけど。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

「永久脱毛」っていう宣伝をよく見るので、サロンでやってもらうのが1番いいのだろう。でも色々な勧誘がありそうだし通うのは面倒‥。

ムダ毛の処理って、方法が難しいですよね。腕と脇では毛の密度や硬さも違います。いろんな部位を簡単に処理するには家庭用脱毛器がベスト。

家庭用脱毛器はサロンと同じで、毛根の黒い色素に光が反応して、毛根を殺して、むだ毛を取りのぞくという方法。フラッシュ脱毛とも言います。
広範囲の脱毛がすぐに出来るので、腕やすねなどのむだ毛を処理するのにも、最適なんです。

家庭用脱毛器脱毛器の代表はケノン

使用満足度98%という人気商品なんですが、どんな特徴があるのか見てみましょう。

ケノンは自由に持ち運びできるハンディタイプ

まずケノンは「ハンディタイプ」、簡単に持ち運ぶことができます。部屋の中での移動も楽ですが、外出先にも連れて行けるというのが大きなメリット。脱毛を何のためにするのか?というと「人前に出たときに綺麗でいたいから」ですよね。もしサロンで脱毛をしていたとしても、旅行先で中途半端に毛が伸びた状態では、実に残念。高いお金をかけても無駄なことにもなりかねません。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

しかし、ケノンだと旅行先でむだ毛に気づいても、その場で「ピッ」と使うだけで、綺麗なつるつる肌に。自分の好きなとき、好きな場所で使えるので、満足度が高いのですね。

またサロンの場合「今日、体調悪い」「残業がある」というときにキャンセルをして、また再予約という面倒が出てきますよね。ケノンのような自家用アイテムだと「今日は家でゆっくり脱毛しようっと」と思ったときに「テレビ見ながらしよう」ということも可能。

可愛いボディタイプとカラーバリエーション

さらにケノンは「どこでも使う」ことを考え、コロンとしたかわいいフォルム。そしてボディーカラーも4色(ピンク、ゴールド、ホワイト、ブラック)が勢ぞろい。持ち運んで人に見られても「何コレ、綺麗!」と言われる可能性大。家でもやる気がより上がります。やっぱり「ここぞ」というときに使う美容機器は愛着を持てる方がいいですよね。ブラックなど男性にも使えるカラーがあるのも嬉しいところ。

ハンディタイプの脱毛器のデメリットを克服

しかしハンディタイプにはデメリットがあります。持ち運びができる代わりに、パワーが弱くなり脱毛力が落ちてしまうんです。これでは、旅先の「ちょっと目立つ部分」は何とかなっても、家でゆっくり使うのには損ですよね。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

しかしケノンはその問題も克服!通常であればデメリットになる部分も、メリットに変えているからケノンは人気なんです。

通常のハンディタイプには1つしか入っていないコンデンサを4つも搭載。強いパワーで、広範囲の毛がしっかり抜けるようになっています。「ちょっとどこでも」も可能、「家でしっかりも可能」持ち運べるけど、据え置きパワーがあるという点が人気につながっているようです。

ケノンは国産の家庭用脱毛器

次はメイドインジャパンという点。ISO9001という品質マネジメントシステムをクリアしたメーカーの部品が多く使われています。そして製品すべてに「検査証」付き。肌に使うものですから「ヤケドした、肌が赤くなった」というトラブルだけは避けたいもの。ケノンはその点をしっかりクリア。

また光脱毛には照射の際に、目を保護するサングラスが必要なのですが、それもケノンには付いています。使用前後に肌をケアする保冷材も添付。家庭での脱毛は「ケアを忘れがち」になりますが、小物がついていることでエラーも減ります。

ケノンは安心して使える家庭用脱毛器なんですね。「脱毛」という行為は、かなり不自然な行為。機械にはより高い安全性が必要になりますが、そこをしっかりクリアしているのです。

10段階で使える強弱で肌に優しい

そして、脱毛機能は10段階調節機能付き。脱毛という行為は、毛を取り除くのですから、当然肌に刺激を与えます。

また「そこまで負担を掛けず、濃い毛だけを取りたい」というとき、逆に「肌コンディションが良いのでガッツリ取りたい」というときなど、同じ人でも、毛を抜くパワーを調整したくなりますよね。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

そんな調整がしっかりできるのがケノン。また肌の弱い人でもケノンは安心してチャレンジできます。

ちなみに脱毛=痛いというイメージがありますが、レベル10で「輪ゴムで肌をはじく感覚」という程度。ただし、痛みの感覚にも個人差があります。そういう意味でも10段階調節は有効なのです。

使用するときは、いきなりマックスのレベル10からではなく、低いレベルから行い、肌に合う基準値を探すと良いですね。

ケノンはカートリッジと性能で実はコスパが良い!

さらに光脱毛器はカートリッジを使用、カートリッジは消耗品のため、どこかで交換する必要があります。ケノンは、レベル1なら100万発まで使用可能。かなり長期間使えるうえに、残り回数も表示されるため、脱毛ペースの見通しも立てられるのです。

気になる本体価格は69,800円。決して、安くはありませんが、毛は毛根が生きている限り、どこかから生えてきます。顔や体すべてを入れると、かなりの広範囲を悩ませるのがむだ毛。「毛がない」だけで、かなり垢ぬけて見えることも多いもの。すべすべで好感度の高い肌は、まずむだ毛の手入れから。ということを考えると、1万円のクリームを買うよりはコスパがいいとも言えますね。

公式でお得なキャンペーン実施中!楽天1位の最新型脱毛器「ケノン」はこちら

ケノンの安全性ってどうなの?

脱毛器でトラブルが起きる原因とは

自家用脱毛器のケノン、家で簡単に脱毛がウリですが危険性はないのでしょうか?結論から言うと、トラブルが起きないよう安全に作られているため、人気商品になっている、つまり安全性はかなり高いと言えます。

とはいえ、使い方を間違うとトラブルを起こすこともあります。何が原因で、どんなトラブルが起きるのでしょうか。

1番多い脱毛器のトラブルは「やけど」です。

ケノンは光脱毛器です。光が毛根のメラニン色素(黒い部分)に反応して、毛を抜くという仕組みになっています。具体的には光の熱を利用して毛根を死滅させるのですが、このときの瞬間的な温度は70℃程度。皮膚が大やけどをしそうですが、この温度は毛根に当たったときの瞬間温度。光脱毛の光は「キセノンフラッシュ」と言い、毛根にのみ反応するよう波長などが計算されたもの。したがって皮膚がやけどをする温度になるわけではありません。また日焼けのような現象が起きることもありません。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

ケノンは光脱毛器なので瞬間温度ではやけどにはならない!ということです。

とはいえ、毛根部分にはダメージを与えるわけですから、体調が悪いと、部分的なダメージが全身に影響する可能性はあります。パーマやカラー、新しい化粧品などを生理中に試さない方がいいというのは、こういった理由から。

ケノンは生理中などに使っても問題はないのですが、体調を崩した時に、全身に影響が及ぶかどうかは個人差があります。体調を崩すとこじれやすい、生理中に化粧水が合わなくなるということが起きる人は、体調不良時に脱毛を行うのはやめましょう。

同じ理由でお風呂上がりの使用も危険。「入浴後はすぐ肌ケアを」と言われますが、それだけ肌が敏感になっている証拠。また乾燥した状態でもあります。こういった時の使用はやめましょう。同じ理由で日焼けをしてきたときも避ける方が無難。肌が乾燥して傷んでいるだけでなく、体力も消耗している可能性があります。

次に、肌が丈夫な人でもケノンを使うときは、しっかり肌を冷やすことが大事。熱を照射するのですから、肌に悪影響が及ばないようクールダウンしておくことが大事。

また保冷には「肌を保湿する」意味もあります。熱を照射するのですから、肌の奥は一時的ですが乾燥しますね。それを放っておくと、肌の乾燥状態が続く可能性が高くなります。肌は「潤い」がバリアとなって肌を守っています。水分量が減ると肌荒れだけでなく、傷ができやすくなる、など、色々なトラブルを招きます。保冷を忘れると、次のケノン使用時には、肌の赤みを招く可能性もあるのです。

自家用脱毛器、特にケノンは安全なため「保冷剤を使わなくても大丈夫」とも言われますが、体調の悪さや肌の乾燥など、自覚がない場合は、保冷を怠ったばっかりに、どんどん肌が傷んでいくということも起きかねません。

ケノンに保冷材が付いているのは、そういったことを防ぐための。「今日は省略しちゃえ」という軽い気持ちが、脱毛時のトラブルを招いてしまうのです。自分の身体を過信せず、適切にケノンを使う、これが大事です。

脱毛器からでる光から目を守る

ケノンから出る「キセノンフラッシュ」は車のライトやカメラのフラッシュにも使われるもの。それ自体の安全性は高いですが、見ていてプラスになることもありません。強い光は目には悪影響。ケノンに備え付けのサングラスを、きちんと着用しましょう。

黒いものは照射域から隠そう

ケノンで脱毛ができる理由は「黒い点に反応するから」。ということは、ほくろや黒いシミなどにも当然反応します。毛根の深さで光が反応するように作られているとはいえ、危険性はあります。脱毛したい部分にほくろやシミがある場合は、そこを何かで覆うようにしましょう。また、部分的に肌が荒れているなど、気になる点があればそういった所は隠す、照射しないことも大事です。

ちなみに実例として「脱毛したい部位」に黒いペンでラインを引き、その部分に肌トラブルが起きたというケースがあるよう。黒い部分はとにかく隠す、これがケノンを安全に使う鉄則です。

  1. 肌のコンディションや体調のチェック
  2. 保冷をする
  3. サングラス着用
  4. 肌に黒い部分がないかチェック

この4点をしっかり確認してから使うこと。

そもそも肌が弱いんだけど

元々敏感肌の場合、脱毛へのチャレンジは怖いですね。でも上の4点を守ったうえで、照射レベルを低めにすることが大事。ケノンの照射レベルは10段階あり、6連射という方法が可能。連射とは、本来1発で脱毛ができるところを6回に分けて行う方法でケノンの特徴の1つです。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

肌への負担が少なくてすむので安心ですね。

またレベル自体を低くしておく方法ももちろんあります。その他、肌が弱そうな部分の脱毛は諦め、どうしても気になる部分だけケアするという方法もあります。自家用脱毛器の場合、応用がしやすい点が大きなメリット、中でもケノンは使い勝手がかなり便利な商品。部位や機能を工夫して使いましょう。

脱毛という行為はかなり不自然ですが、ニーズも多い。そのため売れている商品は、効果があり安全性が高いのです。あとは説明書をきちんと読み、自分を過信しないこと。特に慣れてくると「まあ、いいか」となりトラブルを招く原因にもなります。「適切に使用する」この意識がケノンを使う上では、欠かせませんね。

公式でお得なキャンペーン実施中!楽天1位の最新型脱毛器「ケノン」はこちら

ケノンの脱毛の効果ってどうなの?

家で使えるケノン。ハンディタイプという手軽さから、ちょっと「脱毛の効果」について気になる人もいると思います。そのあたり詳しくみていきましょう。

家庭用脱毛器だから、すぐに効果は出ない?

自家用脱毛器、どれだけ安全でも「綺麗に見えない、あんまり毛が抜けていない」というのでは買う意味がないですね。
ケノンは効果の高さが人気の秘密。その秘密をのぞいてみましょう。

まず、かわいらしいフォルムが人気のケノン。軽さは何とiPhoneより軽いと感じるくらいだとか。ケノンは、もちろん顔の脱毛の可能、男性のヒゲの脱毛も簡単にできます。ひげ脱毛には専用カートリッジが別売りで売られているよう、もちろん本体についているカートリッジでもOK。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

ケノンは全身の脱毛だけではなく、女性なら美顔になるための顔脱毛。男性ならひげ脱毛にも使用できます!

顔に使うのに、あまりに重く使い勝手が悪いと、剃り残しならぬ「抜き残し」が出てしまいますね。そういったこともない軽さと扱いやすさが人気のポイント。

本体についているカートリッジはエクストララージ、その他にラージと美顔用カートリッジ(これは脱毛器具ではなく、美顔アイテムです。)そして眉用の3種類が入っています。眉はあくまで「おまけ」という感じなので、事実上は2つの使い分けになりますね。

ではこの2つを使えば、むだ毛はしっかり無くなるのか?

実は、ケノンを照射してすぐに「毛がない!」という状態になるわけではありません。ケノンは毛根に光を当て死滅させることで、むだ毛を除去する仕組み。しかし、当てた瞬間に毛がごっそり取れるのではなく、数日たってから抜けてくることが多いよう。

また毛には生え代わりの周期があります。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

毛抜きで毛を抜いてもすぐ次が生えてくるのは、毛穴により毛の生える「時差」があるから。今生えている毛は毛穴全体の2割、残りはスタンバイの状態なんです。エステで脱毛をするときに「何度も通わなくてはいけない」のはこのためです。

ですから、ケノンの第1回照射時は「ちょっとは取れたかな」という程度。見た目にはあまり変化なく、数日すると抜けてくるという感じですね。1週間程度は抜け続けるため、次の照射までは1週間以上開ける方が肌のためにもよいでしょう。メーカーとしてのオススメは2週間間隔のようです。

しかし脇など毛が太い場所は、1本抜けると解りやすい。逆に顔や眉など毛は細いが、毛があるせいで垢ぬけて見えない。少し数が減るだけで印象が変化する可能性大。1度でも効果は期待できます。

だいたい2か月程度行うと、生えていた毛が抜ける、そして次に生えてくる毛もダメージを受ける、相対的に毛が減った感じがする。効果がわかりやすく目に見えるようです。ひたすら継続!が、ケノンを効果的に使うコツですね。
公式でお得なキャンペーン実施中!楽天1位の最新型脱毛器「ケノン」はこちら

ケノンを効果的に使うには?

光で黒い部分を狙い、毛根を殺すことで脱毛をするケノン。黒い部分に対して効果があるのは確かなよう。

ということは、黒い部分をより目立たせておくと良いのです。そのため、事前にカミソリで毛を剃っておく、出来れば毛の流れに逆らって剃り、毛の断面を大きくするのが1番。しかし、毛の流れに逆らうと皮膚を傷めることもあるので、肌のコンディションを見極めて行ってください。

また、カミソリで毛を剃ったあとの皮膚は刺激で傷んでいることも。しっかりケアして1日置いた後、ケノンを使うといいですね。1日置くと、毛が少し伸び、より断面がはっきりする。見た目に黒さが目立つというメリットがあります。逆に言うと、ややみっともない状態になるため、ヒゲや夏場の腕など目立つ場所を脱毛するには、休みの日に行うと良いでしょう。

次に保冷をしっかりすること、また脱毛後は保湿もしっかりしておきましょう。肌のコンディションが良い方が、毛が健やかに伸びてきます。つまり脱毛もその分効果が出るということ。脱毛により肌を傷めないメリットもあります。

そして本体をしっかり密着させて使用すること。光を当てて毛根にダメージを与えるのですから、光を無駄なく毛根に届けることが大事。なるべく肌にフィットさせてください。

またケノンのレベルは10段階設定。10にすれば当然抜けやすくなりますが、その分肌に刺激を与えることになります。肌が弱い、またちょっと調子が悪い時などは、潔くレベルを下げましょう。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

肌が乾燥しているときは止めるのも1つの手ですよ。ケノンだけに限らず、脱毛をする場合は体調や肌の調子が本当に大切です。

早くむだ毛を無くしたい気持ちは解りますが、慌てると皮膚を傷めトラブルを増やすだけ。脱毛はどうあがいても1度にはできません。コンディションに合わせた使い方をすることが長い目で見て1番早いのです。急がば回れ。

また日常生活では、保湿を忘れず、また日焼けなど肌に刺激を与える行動をしないことも大事です。ケノンは美顔器も優秀。美顔機能は光を当て、皮膚の新陳代謝を促す効果があるそうですが、これを併用するのも良いですね。

また美顔機能の評価が高いのは、ケノンで効果が出る人=肌の手入れをしっかりしている人という説もあります。毛が減ってくると、肌のコンディションはより目立つことにもなります。ケノンは「慌てず、気長に使うこと」「肌のコンディションを維持すること」の2点がより効果を出す秘訣。

肌に使うものは、肌や全身の健康状態を万全にすることが1番大事なようですね。

公式でお得なキャンペーン実施中!楽天1位の最新型脱毛器「ケノン」はこちら

ケノンで永久脱毛は可能?

1番寄せられる質問というか、ユーザーの皆様のお声を聴いていると永久脱毛と全身脱毛を勘違いしている方が多いように見受けられます。

結論を言うとケノンで永久脱毛は無理

サロンや家庭用脱毛器を使った脱毛に期待することの1つが「永久脱毛」。しかし実は家庭用脱毛器やエステでは「永久脱毛」は不可能なのです。

つまりケノンで「永久脱毛」は無理。永久脱毛は医療機関でのみ可能なのです。なぜなのか?まず永久脱毛の定義を見てみましょう。

永久脱毛の一般的な定義

  • 最後の脱毛完了後から1カ月経過した時、毛の再生率が20%以下であること
  • レーザーを3回照射後6か月経過した時、67%以上の毛が減った状態

 

実は日本では明確な定義がないのですが、米国の基準を参照に上の2点を「永久脱毛」としています。これが可能なのは医療機関でのレーザーなどの施術だけ。

ではサロンや自家用光脱毛器で毛が抜けるのは、どういう理由なのか?療機関も、エステや自家用光脱毛器、例えばケノンなどでも毛根付近にダメージを与える点は同じ。

しかしケノンの場合、今生えている毛の周辺にある細胞にダメージを与える程度の刺激しかないのです。ですから、今生えている毛は抜ける。しかし毛はその奥にある「毛根」がある限り、また同じ毛穴から生えてきます。毛根を完全に取り除くとなると、手術に近い領域になってしまうのです。そのため理論上は、ケノンで脱毛を行う場合、永久に使い続けないと、永久脱毛、簡単に言えば永久的なむだ毛処理はできないのです。

同じ理由で、エステなど医療機関ではないサロンで脱毛を行った場合、半永久的に通うことに。かなり面倒で、しかも高額になります。家庭用光脱毛器の場合、気が向いたときに行えばよい。しかもカートリッジを交換すれば本体はずっと同じものを使用できる。コスパが良いのです。ケノンは使い勝手の良さも人気の秘密なんです。

「永久脱毛」は本当に必要?

そもそも「永久脱毛」は本当に必要なのでしょうか?

脱毛希望者の大半は「今現在つるつるであれば良い!」。そして「むだ毛処理の手間をずっとかけたくない」という意見では。ということは、1本もなし!とまでいかなくても、毛が少なくなる、細くなるという状態を維持できればよいですね。脇のように毛が太い場所も、数本残った場合は、そこだけカミソリでカット、毛抜きで抜くなどすれば、遠目では「無毛」と同じになります。

また眉の場合、一昔前は細眉ブーム、しっかり抜いてしまい太眉ブームの現在後悔している人も多いですね。部位によっては「無毛にしてしまって手遅れ」という可能性がないわけでもない。男性の場合、年を取ったらヒゲがある方がよかったなんてことも考えられます。

エステなどの光脱毛器が重宝されるのは「一生無毛」だからではなく「簡単にすべすべ」という状態が一定期間続くから。必要なとき簡単に「肌がすべすべになる」「毛がなく清潔な雰囲気」であればよいのです。
家で脱毛の跡を残さず、簡単に毛を除去できればそれが1番です。

ところで永久脱毛は無理なのに、自分で眉を抜いてしまって生えてこなくなり、嘆いている人がいますよね。なぜでしょう。

毛を抜くと毛根は弱る

実は、光脱毛器で「永久脱毛」は出来ませんが、毛根付近にダメージを与え続けていると、だんだんと毛が生えにくくなることが多いのです。眉など細くデリケートな毛の場合、抜いているうちに生えてこなくなることは珍しくありません。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

ケノンを使うと、同じ理屈で、何度か毛を抜いた場所からは、毛が生えなくなる、または細い毛しか生えてこなくなるという可能性が高くなります。脇など太い毛も脱毛を繰り返すと、かなり目立たない細い毛になる可能性が高くなるのです。

毛根を完全に殺すことは難しいですが、ダメージを与え続けることで「発毛力」を落とすことは可能。結果的に「永久脱毛」に近い状態にすることは、ケノンでも可能なのです。

この現象の逆が「育毛」ですね。髪の毛根も簡単には死なないため、毛根の力を引き出して、薄毛を改善しようというわけ。でも薄毛改善は脱毛以上に難しい。毛根があっても毛が生えにくい状態から「毛が生える状態」にするのはハードルが高いのです。

この「毛根休止状態」は個人差があります。そのため脱毛を続けて、いつどの程度「永久脱毛に近い状態」になるかも当然個人差があります。しかし「毛根付近の細胞にダメージを与えて、毛を抜く。」という行動は、確実にその部分の「発毛力」を落とすのです。

焦らず肌ケアを

ケノンは元々今生えている毛だけを取り除く機械、しかもその場でごっそり取れるのではなく、施術から1週間くらいかけて毛が落ちていきます。1週間以上間隔をあけ、数回程度行うと効果が見えてくるよう。

この間、慌てて間隔を詰めてはいけません。

自家用光脱毛器の作用が弱いのは、肌を傷めないようにするため。また毛が生えるペースは一定、ある程度待たないと次に生えてくる毛を殺すことは出来ません。ケノンの場合は2週間開けるのがベスト。むだ毛を効果的に除去するには、肌に負担を掛けないペースでケノンを使い続けること。そして肌のコンディションを整えておくことが大事。

何よりむだ毛のない肌は、より肌本来の姿を目立たせることになります。焦らず毛が減っていくのを待ちながら、艶肌を維持する努力をする。これがケノンを使って綺麗になる最善の方法なのです。

公式でお得なキャンペーン実施中!楽天1位の最新型脱毛器「ケノン」はこちら

自家用脱毛器ケノン、実はこんなにメリットが多い

色々な使い方ができるケノン

自家用光脱毛器は、医療機関で行う脱毛のようなパワーはなく、気長にむだ毛処理を行っていく機械です。

しかし毛には生える周期があり、今皮膚の上で見えている毛はほんの一部。毛穴から生える毛をすべて取り除こうと思ったら、それ以外の毛が生えてくるのを待たなくてはいけません。どんな脱毛法であっても、一度にすべての毛を消滅させることは無理なんですね。だったら、毛が生えてきたときにすぐ退治できるのがベスト。

ケノンちゃん
ケノンちゃん

自家用脱毛器があれば「ちょっと気になるな」というとき、すぐ家で行うことができます。

特にケノンは扱いやすいハンディタイプ、しかもパワーが強く、広範囲のむだ毛処理も可能。そしてパワーは10段階調節機能付き。例えば「腕の毛がチラホラ出て来たな~」というとき、レベルを低めに設定して、広範囲に照射をすれば、すぐ綺麗に取り除くことが可能。ケノンは弱いレベルを連射する設定も付いています。

カミソリなどと違い、光脱毛は毛根付近の細胞にダメージを与える仕組みなので、見た目に「抜きました!」という汚さもなし。

「むだ毛嫌だな、明日この辺の毛が無くなってつるつるになればいいのに」という願望を簡単にかなえてくれるマシンなんですね。ケノンのお値段は69,800円で、やや高めですが、20万発打てる(※回数は最弱レベル時の場合)カートリッジを搭載、カートリッジは単体購入が可能なので、いつまでも本体を使い続けることができるんです。

ではそんなケノンを有効に活用する方法を見てみましょう。

ケノンで美顔になろう

ケノンを使えば、もちろん顔のうぶ毛の処理も可能。メイクのノリがイマイチ悪い、マニュアル通りにしているのに何か垢ぬけないなんてときは、顔のうぶ毛が邪魔をしている可能性もあります。

また女性でもヒゲがある人もいますよね。こんな悩みは深いもの。誰もそういったことを口にしないのは、皆こっそり処理しているからです。ケノンなら肌を傷めず、最初から「うぶ毛には困ってません」という顔ができるんですね。

また眉を整える専用カートリッジもケノンには付いています。眉もカットでは、次の毛が伸びてくる。毛抜きで抜く人も多いですが、それでは肌を傷める可能性も高くなります。ケノンならその心配もなし。タレントさんが、垢ぬけて綺麗に見えるのは、眉が綺麗に整えられているから。

男性のヒゲも同じ、綺麗な剃り跡が評価されるのはイケメンだけ。無精ひげはよほどの人でないと「不潔」に見えるだけ。顔の毛をしっかり処理するだけで、かなりすっきりした印象を与えることができます。

またケノンには美顔カートリッジが付いています。脱毛とは関係なく、美肌を作るためのカートリッジなんですね。

ケノンを使うには、肌を健康な状態に維持しておく必要があります。

脱毛時には光を照射するため、肌に大きな影響はないものの、多少乾燥してしまいます。そのため、ケノンを使うときには前後の保冷は欠かせません。また日常生活で、肌を乾燥させない、日焼けをせず潤いのある状態に保つことが大事。ケノンを使おうと思えば、美肌にならざるを得ないんですね。

こんな理由でケノンを使った顔は、瑞々しくうぶ毛もない、眉が整えられた美人になるというわけです。

みんなでシェアできるケノン

ケノンはハンディタイプ、とても軽いため、旅行好きな人は旅先に持って行くのも簡単。しかも4色カラーでかわいいフォルムのため、友人同士での旅行では「何それ、かわいい!貸して」となること間違いなし。

そんなときに簡単に貸すことが出来るのです。

ケノンは光を照射する機械ですから、貸し借りで大きな衛生上の問題はありませんが、人に貸す場合は、カートリッジを交換するとより安心に使えます。なおカートリッジを単体で購入するときはケノンの型番などを、よく見て購入すること。型が違うと合わないこともあります。

この方法で「シェア買い」も可能。カートリッジ単体購入は、種類により値段は異なりますが5000¥~10,000円の範囲。それぞれが専用カートリッジを買い、本体価格を人数で割ればかなりお得になります。脱毛器の場合、日にちをずらして使っても全く問題がない。また1回の照射にかかる時間は1分程度、全身もれなくやっても1時間くらいしかかかりません。

家族でのシェアももちろん有効。男性陣はひげ剃り用に使うこともできます。しかも髭剃りと違い、毎日使用する必要はなし。ひげの脱毛も「ヒゲ専用カートリッジ」があります。

それぞれが「マイカートリッジ」を持ち、使用すればOK

男性は、意外に肌ケアの方法を知らなかったりするもの。適切な化粧品を選んであげるなど、行動の幅の広がり仲を深めることができます。

最後にケノンの適切な使い方のおさらい

  • 肌のコンディションを整える、使用前後には保冷剤を使う
  • 長い毛をカットする、剃る(ケノンは黒い色に反応するため、毛が目立って効果的)剃った場合は肌への負担を考え、出来れば翌日にケノンを使う方がベター
  • ほくろなど肌の黒い部分は紙などで覆っておく(上の理由により、肌に反応して傷むため)
  • 光が目に悪いため、添付のサングラスを使う
  • 基本は2週間おき、それ以上間隔を詰めても肌に負担がかかるだけ

以上を守って、ケノンの使い方をどんどん広げてみましょう。